チベット・サウンドヒーリング

ホーム 全件表示 密教法具 > シャンカ(チベット法螺貝)No.1
シャンカ(チベット法螺貝)No.1


シャンカ(トゥンカル)
(サザエ型)
チベット法螺貝
約18cm
法螺の音は法音、白さは清浄のシンボル。
シャンカの音は聖者の栄光を讃える
捧げものとしての容器。
ヴィシュヌ神のシンボルでもある。

トゥンカルチベット語:དུང་དཀར་ dung dkar)はチベット語で「白い法螺貝」を意味する。梵語で法螺貝を意味するシャンカśaṅkha)とも呼ばれる。白い法螺貝の上に鏤められた青銅象眼細工や良きエネルギーを表す明色のビーズによって飾りがなされている。

インド史を通じ、法螺貝は大いなる力・権力・威信の象徴であった。インドの叙事詩の英雄達はみな名を持った白い法螺貝を持っていた。英雄が白い法螺貝を鳴らすとき敵軍は恐怖に慄き、それは戦いの始まりを意味した。この古の信仰はチベット音楽における、白い法螺貝の平和と良きエネルギーの神聖なる象徴というイメージへ影響していると考えられる。

トゥンカルは有史以来宗教楽器としてチベット宗教音楽において使われてきた。チベットでは仏教の到来以前、シャーマニズムであるボン教が信仰されていて、トゥンカルは霊を呼び起こして家畜や作物の成長を助けたり、病や破滅を齎す悪霊を消し去るために使われていた。今となってはトゥンカルは主に仏教寺院か興行において見られ、非宗教的な使い方は非常に稀である。

価格:39,800円
在庫切れ